店頭で買う 印刷する

日本酒を購入しようと思った場合、まず思い浮かぶのはスーパーやコンビニ、酒販店などの店頭で購入することだと思います。
近年は物流の技術も向上し、日本酒業界の努力や地酒ブームもあって、全国の銘酒が比較的手軽に、どこででも購入できるようになりました。

店頭購入の良い点としてはやはり、思い立ったらすぐ買える、手軽さがあげられるでしょう。

当HPの紹介記事を読んで「お酒が呑みたい!」という気分になったら、(よほど人里離れた場所に住んでいるのでなければ)その日の内に手にいれらるはずです。
もちろん、これは銘柄をこだわらなければのお話ですが…。

また、どんなお酒を飲んだらいいかがわからない時には、詳しい販売員さんがいるお店で相談しながら選ぶのもおすすめです。
コンビニやスーパーなどでは無理ですが、個人でやっている酒販店や日本酒の専門店などでは、試飲を交えながら好みを判断して選んでくれるところもあります。

詳しい販売員さんと仲良くなったら、他では聞けないような日本酒の裏話を聞けたり、好みにあった珍しいお酒を教えてくれたりするかもしれません。

最近は蔵元の代替わりなどもあり、若い蔵主による斬新なデザインのお酒も多数出てきています。
デパ地下など、全国の地酒が集うお店で、ジャケ買いならぬボトル買い、ラベル買いをしてみるのはいかがでしょうか。

データを見ているだけでは絶対に出会えなかった、思いも寄らないおいしさに出会える可能性もあります。
ある程度傾向を絞って買うネットや直販では難しい、実物を一度に眺めながら買う店頭購入ならではの方法といえるでしょう。

店頭購入のデメリットとしては、品揃えに限界がある点が上げられます。
コンビニなどはもちろん、専門店やデパ地下でも、店頭で扱われているのは全国に流通するお酒のごく一部だけです。
欲しい銘柄が決まっていて、しかもあまりメジャーではない場合、何件はしごしても手に入らない可能性が高いでしょう。

また、特に銘柄にこだわりがなく、最寄のコンビニやスーパーで購入する場合も、保存状態が適切かどうかを確認する必要があります。
日本酒は非常にデリケートなお酒です。
直射日光を避けたり温度管理が必要なのはもちろん、期間によっては蛍光灯の明かりでさえ影響を受けてしまいます。
棚の上の方や入り口の近く、窓の近くなどに日本酒を陳列するお店で購入すると、本来おいしいはずのお酒が、ひどく劣化しておいしくなくなっている、なんてことも。

バックヤードの状況は想像するしかありませんが、せめて店頭では冷蔵庫、それもできれば下方の段に陳列してくれているお店で選ぶことをおすすめします。