甘口の酒質が特徴で、山口県の「獺祭」などこれからの活躍が期待される地域です。 " />

地域特性 印刷する

image
中国1

 中国地方は、本州の西端にある島根県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県を指します。
 標高1729mの大山を中心になだらかな山系が東西に走り、石灰質の地層で磨かれた全体に軟水気味の水系で酒造りを行っています。

中国2

 戦前の全国新酒鑑評会で上位を独占していた広島県を含み、戦時中も戦艦に積むお酒を醸していたためか吟醸酒、大吟醸酒などの高級酒を特色とするが多く、現在でも北陸や関東圏にくらべても遜色のない数の蔵が残っています。
 ただ、地理的に距離があるためか、特に関西以北ではかなり大手の蔵のお酒でもほとんど見られず、東京の地酒専門店で近年ようやく見られるようになったくらい。
 ネット通販も一般的になったいま、ようやく他地方でもじわじわとファンが増えてきているようです。
 酒質は全体的に甘口寄りで、華やかな香りとしっかりとした味わいで濃い味付けの料理にも負けないタイプのお酒が多いようです。

中国3

 地域的に海外での販路開拓に積極的で、近年では山口県の旭酒蔵(「獺祭」)のような成功例も現れ始めており、世界での日本酒販売を牽引する事例として期待がもたれます。